monthly

  2005年11月  

スポンサーサイト
top↑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
「WATER WORKS」の怪
top↑
「WATER WORKS」のエスコート・ルールをプレイする際、明らかなバグと考えられる事象が判明したので お知らせしておく。


場所は

water_brea2.png


上図の黄色丸で示した地点。

ここは 上図の様にマップ南部に初期配置されたテロがマップ北部のシル側へと侵入する際に利用できるルートのひとつで 実際に ここを南から北へと進むと


cap211.jpg


という具合に なんの変哲も無い様に見えるし、実際に そのまま進む事が出来る。


しかし、一度 通路から正面の外に出ると

cap213.jpg


この様に 鉄扉?が現れ、二度と引き返す事が出来なくなる。


検証の結果、シル側からは ここは鉄扉で塞がれて 開けることもC4で爆破する事も出来ないが、テロ側からは 扉が無い状態に映るので

cap212.jpg


この様に (見えない)扉の向こう側がマル見えで 照準すればエイミングは赤くなり 撃てば当たるし、ダメージも与える事が出来る。

逆に シル側からは 見えないし、扉に向かって撃っても弾は貫通せず、従って テロ側から一方的に撃たれるのみの場所となる。

このルートは 他のルール等でも 何度もプレイし、マップを研究する人じゃないと なかなか知らないルートのひとつなので、気づいていない方も多いと思うのでご注意願いたい。


尚、この様に 扉があるのに見えない、実際には扉があるのに 無い様に見える…というバグは このほかに ボーンヤードやフォルトでも報告があるので 併せてお知らせしておく次第だ。

スポンサーサイト
[2005/11/30 18:37] デ-タ・リスト | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
SOCOM3コミュニティー・サイト
top↑

SOCOM3のデイリー・ニュースで

『SOCOM3コミュニティー・サイト』

http://socom3.scea.com

を開設したとアナウンスがあった。


プレイヤー各氏は覗けば判るが、自分のSOCOMのログインIDとPASSを入力すれば SOCOMオンライン内での登録したフレンドとの連絡や ランキングや案内の確認等が PS2ではなく PCで行える。


こういった機能は とってもありがたいので お知らせしておく。

[2005/11/23 15:44] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ギリー・スーツの考察
top↑
北米版SOCOM3から登場するギリー・スーツについて 参考になればいいなと思い記事にしました。


http://buta-neko.com/socom3/ghilli.html


御一読願います。

[2005/11/21 20:01] デ-タ・リスト | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
SOCOM3の乗り物一覧
top↑
各種乗り物の座席表と画像で 一覧表を作ってみました。

http://buta-neko.com/socom3/vehicle.html


自作マップ内にも 

http://buta-neko.com/socom3/s3main.html

各種乗り物の初期配置を MITAROさんとmaaaさんの御好意によりリストを頂戴しましたので加味しておきました。
[2005/11/20 19:14] デ-タ・リスト | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
週明けに またメンテだってさ
top↑
オンラインゲームは 発売前にベータ・テストと称して、プレイテストを重ねるが、それでも どんなソフトでも大なり小なり、バグがあり、プレイヤー数が多ければ多いほど 開発者にとっては予想もしない部分に問題が生じたりする。


だから、定期的にメンテナンスを行ったり、緊急メンテとして 大規模な修繕工事を行うのは仕方の無い事と思うしかない。


日本版のSOCOM1では 発売日の数日後に やはり、大規模なメンテが入り、それまでの個人デ-タがリセットされて 発売日から寝る暇も惜しんで せっせとスコアを稼いでいたトップランカー達は 一瞬にして平民に叩き落とされた事がある。


昨日(11月18日)夕刻より19日未明にかけて 北米版SOCOM3も大規模な障害と それに対するメンテだったのか、長時間に渡りサ-バ-がダウンした。


それもAM01:30頃には復旧し、現在は平常通り稼働しているが、公式サイトのアナウンスによると 週明け早々に、もう一度大規模なメンテナンスが行われるようで、私の解釈が間違ってなければ かなりの高確率でランキングポイント等、個人記録は一度、クリアされる模様である。


ゆえに、ランク部屋で階級アップを図ろうとしている人は 注意をしておいた方が良さそうだと御忠告申し上げておく。


ちなみに 私は 一度と言わず、何度もスコアがクリアされる事を望んでいる。


こんなものがあるために 異なる価値観が生まれ、時に 意見の対立や、くだらない自尊心をふりかざした大馬鹿野郎が現れるからである。


[2005/11/19 04:21] コラム | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
雑感
top↑
SOCOMの場合、今も昔も サーバー内にあるデフォルト設定の部屋以外で 独自の設定を楽しむためには 誰かが部屋を立て、そこに集うしかない。


SOCOM1の初期、クランという概念が認知も定着もしていない頃、誰か物好きなプレイヤ-が作った部屋に 気が向いたプレイヤ-が定着し、いつしか定員の16人が いつも満員の人気部屋になり、そこで気のあった者同士がクランとなって集団化した。


元々、リアルでの友人関係で作ったクランというパターンか、上述したパターンが そもそも最初の頃に存在したクランの成り立ちである。


「vらんだむv」とか「楽しくボイチャ」なんて名前の部屋が その頃あり、私も よく そこで遊ばせて頂いた記憶がある。


いつしか、クランの数が多くなり クラン部屋と呼ばれる部屋が定着し、クランそれぞれのメンバ-の好みでマップ構成や禁止武器などのローカルルールの設定がなされて その後に続いていく。


クランに参加していないけど 自分なりに好みの設定で 例えば「ハンドガンのみ」とか「スナイプのみ」みたいな部屋を遊びたい者は 自分で独自に部屋を立て 興味を惹かれた者と遊ぶ。


その頃から既に「なんでSD禁止なの?」「なんで、この部屋はスナイプ禁止なんですか?」と その部屋に入ってから文句を言う輩がいたが、その多くに対して 常に「文句があったり、好みのルールがあるなら 自分で部屋を立てろ」というのが SOCOMの暗黙のルールなのに それが理解出来ずにいる者が常に存在する。


考えてもみると良い。


部屋を立てる者は そこで他のプレイヤーが集まるのを ずっと待ってなきゃいけないのである。


酷いときは 1時間以上 ポケーッと一人で待っている。


知り合いが数人現れて 部屋の人数が4・5人ぐらいになると 急速に人が集まりだす。


それまでを 部屋を立てた者は待っていなきゃならないのだ。


逆側から言えば、フリーのプレイヤーは 適当に自分が遊びたい部屋を探し、空き状況に応じて そこに飛び込む。


その時に、部屋内の人数が2・3人以下の部屋と 14・5人の部屋があったとしたら、「多い人数の方が」と選択するのが一般的と言えるから、部屋を立てる者は そんな事でも苦労と言える。


野良部屋でも 長く続いていて、衆知の部屋であれば 割と、短時間で人は集まるが、見た事も聞いた事もない名前の部屋だと そうは簡単にいかない。


だから、同じ野良部屋で意気投合したプレイヤー達がクランとなり、クラン部屋として部屋を作り、携帯のチェーンメール等を使って「部屋作った」情報を流し、集団行動を取ろうとするのは ある意味、自然の流れでもある。


そんな事も知らずに、他人が建てた部屋に入ってきて ずけずけと文句を言う奴を見てると 私は自然と そう言う奴を嫌いになる。


「オマエの為に部屋を立て、オマエだけを楽しませるために他のプレイヤーが存在している訳じゃ無ぇんだぞ」


率直に言えば そういう想いが感情を支配し始めるからだ。


今では 長く続いている部屋であれば その殆どがクラン部屋である。


しかも、その部屋内に存在してるのは そこのクラン・メンバー以外の「常駐者」とでも言うべき フリーのプレイヤーや、他のクランに所属しているけど余所に遊び歩くのが好きで常駐している者などだったりだ。


特に、その部屋が人気部屋であれば クランメンバーなのに入れない なんて事も日常茶飯事なわけで そんな状況の中で、「この部屋のルールおかしくない?」なんて クランメンバーや常駐者には初めてみる様なIDのプレイヤーが文句を言い出したら どう思う?


答えは言わなくても判るよね。


けど、面白いもので SOCOMには 昔から そんなアホが いつの時にも存在し、多くのプレイヤー達から鬱陶しく思われてる事を気づかない ある意味幸せな奴が居るのだ。


たとえば、「SD」とか「グレネード」は SOCOM1や2の頃から とかく物議を醸してきた武器である。


SOCOM3では だいぶ認識は変わってはきたけど、私の知る限り多くの日本人プレイヤーの間では「日本人同士で遊ぶ時は それなりの状況じゃ無い限り遠慮しておこう」というのが暗黙の振る舞いで、「思いっきり使いたければ 日本人の部屋じゃなく外人部屋に行けばいい」という認識もある。


わざわざ日本人同士のところで 最初から最後まで「SD」か「グレラン」なんて真似はしない。


けどね、突然現れた 今まで見た事もないIDのプレイヤーが「禁止武器設定されて無いんだもの 自由でしょ」と 最初から最後まで「SD」か「グレラン」なんて真似をすれば「なんだ?コイツ?」と思われるのが どうして気づけないのだろ?


「禁止じゃ無ければOKでしょ?」


たしかに、言葉の上では一理ある様にも思える。


けどね、禁止制限にも制約がある事を 部屋を作った事も無い、常に他人にオンブみたいな輩には理解出来ないのだろうね。


たとえば、SOCOM3の場合 マップやルールによって戦車が登場するマップがある。


その場合、歩兵が戦車に立ち向かうには 「M2」と呼ばれる対物地雷か AT-4もしくはRPGといったロケランが必要となる。


ゆえに、戦車が存在するルールを遊ぶためには ロケランの使用を可にしなければ ゲームバランスが崩れかねないのだが、203等のグレランとロケランは同じ扱いになっているから ロケランを可にするとグレランも可になる。


部屋の常駐者達は その辺の兼ね合いを ちゃんと知っているから、ロケランは使っても、グレランは使用しないでいるだけなのだが、見た事も無い 初見IDプレイヤーが いきなり現れて


「禁止じゃ無ければOKでしょ?」


という論理は SOCOMでは一理では無い。


知らない部屋に入った時は その部屋が どんなとこなのかを知るまで、物議を醸すような真似は自粛するのが礼儀と心得た方が良く、勝手に判断して持論を主張するだけでは 良いプレイヤーとは思って貰えないと 申し上げておきたい。


最近では そんな物議ネタの武器に「IW」もあり、ずっとIWばかり使ってるプレイヤーは 心良く思われない傾向がある。


だから、SOCOM2の頃 よくボイチャで「IWウゼー」と テロ側でボイチャで吠えていたプレイヤーを よく見かけたが、そんな奴に限ってシルになった途端にIWオンリーだったりするのを見ると「なんだ?アイツは?」 そう思ったものだ。


で、SOCOM3では 今までとマップの感じも大きく変わり、武器の構成や性能も変化したため グレランやSDなどに対して 認識が改まりつつあるのは事実でもあるが、あくまでも それを可とするか否とするかは その部屋を立てたクランや そこに常に集っているプレイヤー達の積み重ねてきた認知によるところが判断の基準であって いつ来るか、再び来るかも判らないような一見のプレイヤーが好き勝手するのを心良く思うか? 逆の立場で よく考えてみると良い。


従って、独自に意見を持っている人は 自分で部屋を立てて同好の士を集いなさい。


他のプレイヤー達が集っている部屋に入る時は「郷に入らずんば郷に従え」を心がけるべきである。


ちなみに、私は 今まで常日頃から コラムやブログで持論をブツブツと語ってきたが、自分が立てた以外の部屋で遊ばせて頂く時は 周囲の認知が無い真似はしないよう心がけているつもりではあるけれど、もし 目に余る場合は 気持ちよく御注意願いたいと これもまた 常に申し上げている。


[2005/11/17 19:53] コラム | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ポート開放について 続編
top↑
ポート開放について 私はBUFFALOのルーターを使用しているので その設定方法について参考までに記しておく


1.まず最初に 北米版PS2でSOCOM3を立ち上げ、「ネットワーク設定」をもう一度呼び出して「右へ」を連打していくと 最終確認画面となり、そこに貴方のPS2のMACアドレスが表示されるから それをメモしておく。

(xx:xx:xx:xx:xx:xxという記号)


2.次に PCでルーターに添付されてきた「Broad Station」という設定ソフトを立ち上げTOP画面で「アドバンス」を選択


3.左メニューの「LAN設定」をクリックし「DHCPサ-バ-」をクリックする。


4.右側の設定画面の一番下に「リース情報」という欄があるので その中に上の1でメモしたPS2のMACアドレスがあるから探し、その列の「編集」で「状態」を「手動割当」に設定する。

この時、PS2のMACアドレスに対応しているIPアドレス(192.168.11.xx)をメモしておく事。


あまり知られていないようなので補足しておくと ルーターに複数のPCやPS2などが接続されると それぞれの個別にIPアドレスが自動的に与えられ 基本的には(192.168.11.xx)のxx部分が個別の番号となる。


ポート開放は この特定のIPアドレスに対してしか設定できないので SOCOMの為の設定をする場合、PS2(北米版なら北米版PS2)のIPに行わないと意味が無い。


ところが、その時々の 接続している機器の状況(停電があった、プロバイダがメンテナンス等でダウンした、新しい機器を追加接続した等々)によっては「自動割当」にしていると 上記のxx部分が 知らないうちに違う番号に割り当てられている事もあるので、本人は開放設定したつもりでも いつのまにかしていないのと同じ状態になっている事になる。


ゆえに、上記3と4の作業で PS2のIPとMACを固定してやらなければ駄目なのだ。




5.さて、次に「Broad Station」の左メニュー「ネットワーク設定」をクリックし「アドレス変換」をクリックする。

ここで表示された画面の一番下に「アドレス変換ルールを入力」というボタンがあるのでクリック


・UDP:10070を設定する場合


グループ:何でも良い

WAN側IPアドレス:デフォルトの”ブロードステーションのWAN側IPアドレス”で良し

プロトコル(WAN側):TCP/UDPの左の○をクリックし○の中に黒丸を出し、「任意のUDPポート」にして空欄に半角数字で「10070」

LAN側IPアドレス:上の4でメモした PS2に対応したIPを半角数字で「192.168.11.xx」と記入

プロトコル(LAN側):半角数字で「10070」


以上を記入したら「ルールを追加」をクリック。



・UDP:6000-7000を設定する場合


グループ:上のUDP10070のと同じにする

WAN側IPアドレス:デフォルトの”ブロードステーションのWAN側IPアドレス”で良し

プロトコル(WAN側):TCP/UDPの左の○をクリックし○の中に黒丸を出し、「任意のUDPポート」にして空欄に半角数字で「10070」

LAN側IPアドレス:上の4でメモした PS2に対応したIPを半角数字で「192.168.11.xx」と記入

プロトコル(LAN側):半角数字で「6000-7000」


以上を記入したら「ルールを追加」をクリック。



6.上記の設定を登録したら 設定は終了です。


以上。
 
[2005/11/16 15:32] ポート開放について | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ルーターのポート開放について
top↑
SOCOM3北米版のシステムから入っていける メッセージボード及び、FAQ’sを 読み流していたところ、同梱のマニュアルには明確に記述されたなかったが、北米版もルーター使用の際はポート開放の必要があるとの事。

北米版で必要な設定は

UDP:10070

UDP:6000-7000

上記です。


尚、今までの日本版の場合は


UDP:10070

TCP:10070-10080


でしたが、北米版を遊ぶ場合 上記の日本版での設定は解除(削除)しないと不具合が生じる可能性があります。


この場合の不具合とは 


・ボイチャが単純に聞こえたり、聞こえなくなったりする。

・部屋内で一緒にプレイしているプレイヤ-の誰かが倒されるのをきっかけに それまで通じていたボイチャが不通になる。

・会話のボリュームが小さくなって聞き取りにくい。

・デ-タ-通信時のアドレス不良によるタイムアウト・エラ-になる。

・ハングアップしたり、回線落ちが頻繁に生じる。

等々の可能性が高く、その結果 サーバーに負担がかかりすぎて 部屋設定が壊れる等につながります。


特に、ルーター設定不良のプレイヤ-がホストになってしまった時の弊害は 1の時の状況をご存じであろうと思われるし、ホストでは無くとも 部屋内のプレイヤ-にルーターの設定をきちんとしていない者が多く存在すればする程、ホストやサーバーに負担がかかり、トラブルに至る可能性やタイミングは高く(早く)なるそうです。


取り急ぎ、以上の件をお知らせしておきます。
[2005/11/12 04:37] ポート開放について | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
北米版のマップを作ってみました。
top↑
citadel


参考:「CITADEL」マップ


上記画像のようにマップを作ってみました。


ちなみに、私の作ったマップは 全部、上が北になるように合わせてありますので プレイ中のレーダーが示す「N」と ほぼ対応するはずです。

[2005/11/03 19:34] デ-タ・リスト | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
北米版SOCOM3を始めました。
top↑
スタート画面



このたび、北米版のPS2本体と SOCOM3を入手しましたので、今までの日本版1・2や 韓国版2と同様に 語っていきたいと考えております。

尚、現在 まだ製作途中ではありますが、北米版のマップ12枚を

http://buta-neko.com/socom3/s3main.html

で公開しております。


どうぞ、御参照ください。


[2005/11/02 23:09] 管理人からのお知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。