FC2ブログ
スポンサーサイト
top↑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ポート開放について 続編
top↑
ポート開放について 私はBUFFALOのルーターを使用しているので その設定方法について参考までに記しておく


1.まず最初に 北米版PS2でSOCOM3を立ち上げ、「ネットワーク設定」をもう一度呼び出して「右へ」を連打していくと 最終確認画面となり、そこに貴方のPS2のMACアドレスが表示されるから それをメモしておく。

(xx:xx:xx:xx:xx:xxという記号)


2.次に PCでルーターに添付されてきた「Broad Station」という設定ソフトを立ち上げTOP画面で「アドバンス」を選択


3.左メニューの「LAN設定」をクリックし「DHCPサ-バ-」をクリックする。


4.右側の設定画面の一番下に「リース情報」という欄があるので その中に上の1でメモしたPS2のMACアドレスがあるから探し、その列の「編集」で「状態」を「手動割当」に設定する。

この時、PS2のMACアドレスに対応しているIPアドレス(192.168.11.xx)をメモしておく事。


あまり知られていないようなので補足しておくと ルーターに複数のPCやPS2などが接続されると それぞれの個別にIPアドレスが自動的に与えられ 基本的には(192.168.11.xx)のxx部分が個別の番号となる。


ポート開放は この特定のIPアドレスに対してしか設定できないので SOCOMの為の設定をする場合、PS2(北米版なら北米版PS2)のIPに行わないと意味が無い。


ところが、その時々の 接続している機器の状況(停電があった、プロバイダがメンテナンス等でダウンした、新しい機器を追加接続した等々)によっては「自動割当」にしていると 上記のxx部分が 知らないうちに違う番号に割り当てられている事もあるので、本人は開放設定したつもりでも いつのまにかしていないのと同じ状態になっている事になる。


ゆえに、上記3と4の作業で PS2のIPとMACを固定してやらなければ駄目なのだ。




5.さて、次に「Broad Station」の左メニュー「ネットワーク設定」をクリックし「アドレス変換」をクリックする。

ここで表示された画面の一番下に「アドレス変換ルールを入力」というボタンがあるのでクリック


・UDP:10070を設定する場合


グループ:何でも良い

WAN側IPアドレス:デフォルトの”ブロードステーションのWAN側IPアドレス”で良し

プロトコル(WAN側):TCP/UDPの左の○をクリックし○の中に黒丸を出し、「任意のUDPポート」にして空欄に半角数字で「10070」

LAN側IPアドレス:上の4でメモした PS2に対応したIPを半角数字で「192.168.11.xx」と記入

プロトコル(LAN側):半角数字で「10070」


以上を記入したら「ルールを追加」をクリック。



・UDP:6000-7000を設定する場合


グループ:上のUDP10070のと同じにする

WAN側IPアドレス:デフォルトの”ブロードステーションのWAN側IPアドレス”で良し

プロトコル(WAN側):TCP/UDPの左の○をクリックし○の中に黒丸を出し、「任意のUDPポート」にして空欄に半角数字で「10070」

LAN側IPアドレス:上の4でメモした PS2に対応したIPを半角数字で「192.168.11.xx」と記入

プロトコル(LAN側):半角数字で「6000-7000」


以上を記入したら「ルールを追加」をクリック。



6.上記の設定を登録したら 設定は終了です。


以上。
 
スポンサーサイト
[2005/11/16 15:32] ポート開放について | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。